2008年10月29日水曜日

豊田勇造ライブが決まった

木彫の合間にいつもの本屋に行ってきた
木彫の参考書やカメラ雑誌と一緒にアメリカンコーヒーを飲んで
しばしの休息

喫茶コーナーの入り口に
いろんな情報コーナーがあり

ここには「クリマ」のフライヤーも置かせてもらっている
その中に「斉藤哲夫ライブ」のフライヤーがあった
懐かしいミュージシャンだよ
しかも近所のカフェである

11月13日(木)は暇そうだし
行ってみようとフライヤーを手にして帰ってきた

アマゾンから届いた本がどっさりと届いていた
「色彩学」「フラワーアレンジメント」「一休」「良寛」「ブランディング」「推理小説」
その中にハガキが一通混じっていた

豊田勇造からライブのお知らせだ

弱った困った・・・同じ日に
70年代の歌唄いがライブをやる

ちょっと考えたが
ライブ会場の遠い勇造ライブに行くことにした

8月のタイでもバンコクライブを見に行ったし
またタイのことを歌ってくれるだろう
彼の「ドゥワンペーン(満月)」を聞いてみたい

先月知り合ったタイ好きの友人にも声をかけてみよう


3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

アマゾン!?って何処? 
フラワーアレンジメントの本 YUさん読むの? なんとなくピンとこない~。
        
                kちゃん                  
            

YU-さん さんのコメント...

Kちゃん・・・コメントありがとうございました。
amazonとはネットショップです。
ボクは主に本を探すときに使っています。
古本も扱っているんだよ。
ブログに書いた書籍はほとんど200円で購入しました。

フラワーアレンジは自分の色彩学の学習のためです。
絵や刻字では対象物の彩色をカラーチャートなんかで行いますが、花の場合には全体像とポイントとなる花との色感を必要とします。フラワーアレンジメントでは色んな色彩が混じるので勉強になると思っています。

匿名 さんのコメント...

有難うございます 理解できました
それじぁ、美学として 茶道・生け花の本もお薦めします(笑)   
            
               Kちゃん