2009年3月20日金曜日

自作豆本の世界に魅せられた -番外編 その2

豆本展の会期も残り少なくなってきた
搬入の日に一部の方の豆本作品を見ただけで
会場に行く機会が無く
今日になってしまった

ボクの豆本は相変わらず
値段を高く設定したので売れていない
一人だけ欲しいと言ってくれた青年が
いたというので豆本展が終了したら
贈呈しようかな


実に様々な豆本が出展していて
欲しい豆本がたくさんある
その中から2冊選んで
買ってきたよ
別の日に披露するよ

豆本作家の田中 栞さんが
ボクたちの仲間の豆本を買ってくれたという
Picnic Worksさんと勇輝君の作品を買ってくれたという

他の仲間の作品についても色々と
感想を聞いた

例えば・・・・
やめておこう

豆本のプロではないんだから
プロから見た感想は的外れなのかも知れない
でもね

これから豆本制作に取り組んでいきたいという
仲間にはこっそりと知らせてやろう








2 件のコメント:

伊藤みほ さんのコメント...

先日の豆本ごはん会は楽しい時間でしたね!
あんなに小さな世界なのにとても奥の深い豆本の世界にわたしもはまりそうです。
まったくの自己流でも制作は楽しかったのですが色々勉強したくなりました〜!!
また色々教えてくださいね!
次は常滑でお会いできそうですね、楽しみです。

それから、ブログへのコメントありがとうございました!
YU-さんのブログも楽しみにしてま〜す♪

匿名 さんのコメント...

以前 テレビで百円ガチャガチャに豆本販売している下町を取材しているのをみました。もちろん印刷素朴な手作りで売れればまた自らカプセルに詰めるとのこと。
こんな小さな物に何が? 絵かしら?お話かな? 考えるだけで楽しい! でも玉手箱開けてみてば・・てなこともあるかも・・・。 
私は 豆本に夢を託したい。