2009年3月22日日曜日

自作豆本の世界に魅せられた -番外編 その3

豆本展でボクが買った豆本を紹介するね
豆本以外に買いたいものがあったので
今回買ったのは2冊だけ

その中の 牛だけを撮影した豆本があった
表紙も牛なら中身も牛一色

豆本展に出品していた作者たちとの食事会があり
その席でこの豆本の作者にもお会いすることができた

牛が大好きで実際に牧場で働いているという
そういう環境だから優しく牛の表情を撮れるんだって
分かった




もう一冊は
なんとも不思議な世界を表している
「真空管街切抜帳」という豆本

装丁は固い素材を使ったハードカバー
花ギレには何かよく分からないけれど
電子部品を使っている

本文にも不思議な電子部品らしきイラストと
不思議な図案や楽譜が載っている
もちろん印刷されているのだが
普通のプリンターで出力したのではない光沢がある

レトロな感覚を持っている不思議な豆本

豆本展は29日までなので
もう一回行ってみたいと思っているんだ

昼飯を我慢して
もう一冊くらい買いたいな

参考になるなんてもんじゃない
刺激だよ
刺激






1 件のコメント:

Raúl-flakillo さんのコメント...

muy buenas fotografias