2008年11月10日月曜日

腕ならしの木彫とデザイン作業-途中経過

一個だけ丸木地蔵を彫っている
お地蔵様のお顔と光背に足下の蓮華の粗彫りが終わった
あとは合掌する手と衣を彫り
周囲の飾りを何にするか考えよう


7体の童地蔵の耳をざっと彫ってみた
ここまで来れば峠は越したよ
丸木仏と同じ進行で合掌する手と衣を彫り始める

今月中には彫り上がるだろう
そうしたら年頭に彫り始めたネズミを仕上げるつもり


JUNK雑貨をまとめたフォトブックを完成した
配布する先はこれから決めていくつもり
気に入ってもらえると嬉しいんだが・・・

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

幼なじみ
 
二十年ぶりに再会した時 頂いた童地蔵様を毎日「可愛いね・いい子だね」と頭をなでて大切にしています。今回のお地蔵様はその童地蔵様が成長し、お顔もふくやかになり慈愛に満ちて私を見つめていらっしゃるように感じます。 完成がとても楽しみです 
 

YU-さん さんのコメント...

コメントありがとう。
ボク個人の気持ちですが、木彫はその日の精神状態にものすごく左右されます。

嫌なことがあったとき、嬉しいことがあったとき・・刀の運びも違ってくるような気がします。

材と向き合うときには出来る限り精神状態を良くしていますが、この童地蔵の制作に関しては嫌なことや悩み事もなく、彫ることが楽しく無心になって彫っています。