2008年7月13日日曜日

久しぶりのタイ料理

クリエイターズ・マーケットで出会った仲間の
そして木箱の山羊ちゃんたちとタイ料理の「ワルンプアン」に
集まった。


なんと、このお店はボクが好きな豊田勇造のライブを
春と秋の年二回開いているカルバドスという飲み屋と同じビルだ。





店内にはもりよさんの消しゴムハンコも置いてあった。




タイの話、五行歌の話、消しゴムはんこの話、移動屋台の話、木箱の話・・・談論風発
強烈な個性と個性がぶつかり合い
笑顔の中 緩やかに融け合っていく

一番の年長さんを労ってくれるのか
ボクを除いて、みんな優しい
ボクは煙草をプカプカ
ビールをガブガブ
料理をガツガツ

笑い声のコダマする中で
ボクは料理も撮影しなければ・・
とカメラを取り出すが

みんなの笑顔と楽しい会話にまた引き込まれていく


次から次へと素敵なタイ料理が運ばれてくる

スパイスの効いたタイ料理に大量の汗が流れてくる。
ビールが美味くてカメラどころではない。

これは辛くない
「パッタイ」というタイの焼きそば

なんとまた料理を撮り忘れていた。



強者どもが夢の後・・・

タイにいるのでは???・・・と
錯覚するような真夏の夜の夢は
食べ尽くされた食器だけが
現実に引き戻してくれた。

素敵な仲間は熱い胸の内を見せてくれ
美味しいタイ料理と生ビールに酔いしれた
ボクは次の飲み屋に向かった。








2 件のコメント:

もりよ さんのコメント...

本当に楽しい夜でした!!

Yu-さんの写真と文章が、あの夜の感動を呼び起こします。

あの不思議なハーモニーを生み出すような
一体感がすごく居心地よくて、
幸せでした☆

今、お借りした本読んでます^^

YU-さん さんのコメント...

山羊ちゃんが五行歌に興味を持ってくれたのに、草壁さんの参考書をお貸しするのを忘れていました。ケンちゃんも興味を持ってくれたんだろうか?
読み終わって、二人に回したいと思ったら是非回し貸ししてあげてください。

いよいよ一週間後にはタイです。
ビールを飲み過ぎないで五行歌を詠むことが出来れば
最高なんだけどね。